カテゴリー: 旅の注意事項

格安航空券での旅行に注意点は?

海外旅行人気の国タイ、その魅力は一度行ったら病みつきになるという噂でもちきりの国です。
煌く装飾が施された美しいいでたちの王宮や寺院や、アンコールワットなどの遺跡を巡るのも人気ですが、タイの食文化に美容に関する知識の豊かさと人懐こい人間性を持つ人々とのふれあいも魅力のひとつと言えます。
その際に最近よく使われる格安航空券、その違いは値段だけではありません。
楽しくお得に旅を楽しむために注意する点とはいったいどのようなことでしょうか?

LCCは荷物を少なくが常識

格安で旅行が出来ると人気のLCCは手荷物を預ける際に細かい条件が存在します。
海外に行くからと言って大きな荷物を預けることになると、もしかしたら航空券よりも高い金額が荷物にかかることになりかねません。
機内持ち込み可能な大きさの荷物にまとめることが重要です。

待合のラウンジはありません

早朝や深夜に出国することもあるLCCは搭乗前にくつろげるラウンジはありません。
なるべく待ち時間は少ない状態にすることがスムーズに乗る為のコツと言えます。
しかし早朝の出国に間に合うように公共機関を使って空港に行くのは難しいのでロビーで一夜を明かすことも想定しなければなりませんね。
その場合は、ブランケットなどの準備をしておくといいでしょう。
空港のコインロッカーに預けて行けば荷物にもなりませんからおすすめです。
とりあえず空港に行って食事したりすればいいか、と言うわけには簡単にいかないことを知っておく必要があります。

格安航空券と言うくらいですから、はっきり言って格安なのですが、安いのにはそれなりの訳があるということを知っておくことでスムーズにお得な旅を楽しめるというわけなのです。

タイ旅行へ行くときにおすすめの航空会社

日本から直行便で首都バンコクまで6時間余りと海外にしては近く感じられるタイですが、その旅行にはかつて乗継便を利用する必要があり交通費もかかる夢の国と言う位置づけでした。
最近ではLCCの参入によって格安航空券が発売され直行便の本数も増えて、身近な海外旅行として人気が高くなってきました。

タイへ行くにはこの航空会社がおすすめ

様々な航空会社が軒を連ねていますが、直行便で考えると全日空、日本航空、ジェットスター航空、ジェットスター・アジア航空、タイ・エアアジア、スクート、タイ国際空港、エアアジア、デルタ航空が主流です。
他にキャセイパシフィック、春秋航空、タイガーエア・台湾、中国東方航空、香港エキスプレス航空、アエロフロート・ロシア、大韓航空、吉祥航空、厘門航空、ジンエアー、バンコクエアウェイズ、香港航空、シンガポール航空、フィリピン航空、V Air、アシアナ航空、カタール航空、ガルーダ・インドネシア航空、チャイナエアライン、エティハド航空、ティーウェイ航空、中国国際航空、チェジュ航空、カンタス航空、エバー航空、深セン航空、山東航空、エミレーツ航空、イースタージェット、四川航空、中国南方航空、香港ドラゴン航空、ジェットエアウェイズ、ベトナム航空、フィンランド航空スリランカ航空、マレーシア航空、セブパシフィック、エアインディカ、上海航空、エアマカオです。
この大量の航空会社の中から選ぶとなると、簡単には選べないでしょう。
はっきり言ってその価格にはあまり変動がない状態にありますが、燃油サーチャージなどの問題や、発着時間によって比較検討することが出来ます。

日本から直行便で首都バンコクまで6時間余りと海外にしては近く感じられるのがタイなのです。

タイへ行くのならこれに気を付けるといいのです

海外旅行が普通になって、グローバルな旅行スタイルが確立していると言える現代において、どの国に行くのかは選び放題ともいえる状態ではないでしょうか?
しかし、昔からひそかな人気を続けてきた魅惑の国があることを知っていますか?その国は近代化した都市と王朝時代の昔の文化が融合する国タイです。
ここ最近タイへ渡航する日本人の数は激増しています。
その理由としてLCCの参入による格安航空券の出現と、航空会社の数が増えたことによる本数の増加があげられます。

格安航空券は航空会社と出発日時によって変動する

ま、当然の話と言っては当然のことなのですが、変動するものなので変動が少ない会社を選ぶことがまずは第一関門でしょう。
比較検討するときには旅行会社に行くか、ネットなどで価格の比較をするのがいいでしょう。
直行便ならばさらにお得な航空券が発売されているのでチェックしてみてください。

服装はどうする?

南国のイメージが強いタイですが、そのままのイメージで選ぶと失敗することになります。
年中気温が高い国なので、日本の夏の格好で問題ないと言えますが年中暑い国だからこそ日本にいるとき以上に冷房が効いていることを想定してください。
冷房がキンキンにしてあることを想定して上着の準備は必ず必要になると思ってください。
すぐに羽織ることが出来るストールなどを持ち歩くのもおすすめです。
雨季の旅行の場合は特に寒さ対策は万全にしておいた方がいいでしょう、せっかくの旅行なのに風邪をひいて終わってしまったなんてことになりかねません。

気を付けることと言えば円のレートもそうですね、国内で換金した方がいいのか現地で換金した方がいいのかはその日によって変わることをチェックしておきましょう。