カテゴリー: お得情報

話題のタイへ安く旅行しよう!

アジアの中でも魅力あふれる旅行先として人気のタイ。
タイへ行くには、直行便か乗継便で日本からは6時間ほどで行くことが出来ます。
さらに格安航空券を使ってフリーでの渡航を希望する人も増えている今一押しのスポットでもあります。

タイには魅力の景観が待っているのです

タイに行く魅力のひとつ、世界遺産巡り。
きらびやかな装飾が施された王宮や寺院が都会の中に存在するギャップも魅力のひとつ。
独自の文化をはぐくんできたその国ならではの衣装や文化に触れて満足のいく旅行が約束されている国のひとつと言えるでしょう。

LCCで週末旅行が可能に

現在国を挙げて取り組んでいる航空会社のLCC各社。
確かに荷物の制限や座席のゆとりには苦労することもあるかもしれませんが、ほかにはない魅力がその人気を支えています。
まずは、正規の航空会社にはない発着時間です。

LCCの発着時間は早朝・深夜というプランが用意されています。
それは正規の航空会社とのブッキングを避けるために用意されているのですが、その要素が手軽な海外旅行を可能にしました。
例えばタイへ行くには日本から6時間かかるのですが、LCCの深夜便を使えば朝にはタイへ行くことが出来ます。
そのまままるまる一日を観光に使うことが出来、大げさに言うと日帰りでも旅行に行くことが可能になるということになるのです。
だいたいの場合、2泊3日からのツアーが多いのですが、その場合深夜発の飛行機で金曜の夜タイへ向かって、日曜日の夜帰国するという形で週末の休みだけでタイ旅行へ行ける計算になります。
考えてもみなかった週末に海外。
そんな夢のような話が実は簡単に出来てしまう世の中になったと言えるのです。

格安で短い期間での海外旅行。
しかも人気のタイへ行けるとなれば、チェックしないわけにはいきません。

旅費をお得にするためにはこれをチェック

旅行に行くときに一番気になる旅費。
その問題に関しては海外に行く場合はかなりの差があることから知らないと損をすることがたくさんあります。

今人気のタイへ行くなら

ここ最近人気がある海外旅行の行き先にタイがありますが、タイに行くのならタイ航空と言う常識から抜け出して格安航空券を利用することでお得に旅行に行けることを知っていますか?
希望の航空会社と自分の条件に合わせて探してもらう方がいいのなら、各種旅行会社に相談しに行くのが一番なのですがそのような時間もない場合はどうすればいいのでしょうか。
インターネットの普及によって旅行の予約も比較検討が簡単になりました。
その中でも人気が上がっているサイトを紹介します。

一発で検討比較

旅費・ホテル・ツアーなどを比較検討することが一回で出来てしまう便利サイトがあるのを知っていますか?
スカイスキャナーと言うサイトでは格安航空券、ホテル、レンタカーを検索予約し旅行の日までに価格の変更があったりする場合などにもお知らせしてくれる機能がついているのでとても便利です。
航空券は、燃油サーチャージなどでか格の変動があることがあるので、ツアーを組んでいくのが初心者にはお勧めなのですが、フリーでの旅行には絶対必要なツールかもしれませんね。
さらに、円の価格変動もかなり重要なチェック事項となりますから、様々なことをまとめてチェックできる便利さがウケているのです。

タイ、バンコクへ格安航空券を利用して、お得に海外旅行というのが今の常識となっています。
航空券を安く手に入れて、旅行先での遊びや食事をグレードアップさせることで楽しんでいる人がたくさんいます。
今の時代、旅費をどれだけ抑えて旅行の内容を手厚くするかがテクなのですね。

人気のタイへお得な旅行

今大人気のタイ、女性の一人旅からハネムーンまでその需要は年々高まってきています。
タイへ旅行に行くのであれば、お得に楽しめる旅行にしたいものですね。

おすすめのスポットへ格安航空券を利用して行こう

タイの首都バンコクへは日本からの直行便が出ているのでLCCの格安航空券とレンタカーをおすすめします。
最安値で現段階の相場は19,000円前後、4日間のレンタカー料金の相場が15,000円ほどですので、2人でタイに行ったとして航空券往復とレンタカー料金で52,000円。
燃油サーチャージが現相場で6,000円なので交通費のみで64,000円になりますね。
バンコク市内のホテルに宿泊したとして、一泊朝食付きで一泊5,000円前後、2人で2泊したとして20,000円。
そう考えて、2泊3日タイ旅行に完全フリーで行く場合、観光や食費を除いて84,000円で行けるということになります。
レンタカーを使わずとも公共の乗り物や人気のタクシーなどは交渉可能ですから、もっと安く行けるということになりますね。
仮に10万円を予算にしても十分観光まで出来るという計算になるのです。
と言うことは?2人で10万円なら今週末に行ってみようか?なんてことも可能と言うことになりませんか?
旅行会社ではお得なツアーもたくさん企画されています、ツアーでの価格はレンタカーが入っていませんが、その分ガイドがついていたりするので初心者にはお勧めです。

格安航空券は各種旅行会社でも購入することが出来ますし、ネットでの予約も可能です。
具体的に金額を算出してみると行けるのか無理なのかはっきりしていいものではないですか?
どこをどう節約するかによって人気のタイ旅行へお得な旅が出来るというわけなのです。

航空券を格安で手に入れるとタイが近くなる

どうせお休みを取って旅行に行くのなら、日本を飛び出して海外に行ってみたいと思うものですよね。
でも、海外に行くとなると飛行機に乗って行くわけですから、旅費だけでかなりの費用がかかります。
旅費を抑えることが出来れば、旅行の内容もお土産のグレードもアップ出来るではないですか。
一番節約しやすいものは何でしょう?
そうです、航空券は今、様々な会社によってかなりの価格差があるのです。

格安航空券を使えばタイだって国内旅行並みに安く行ける

各種旅行会社で予約が出来る、格安航空券ですが今現在人気のタイにも格安航空券を使うことが出来ます。
タイへ行くには、直行便と乗り換え便があるのですが直行便でも往復で100,000円台がざらにあるので、日本国内の航空券並みの料金で人気のタイへ行くことが出来るようになったのです。

旅費を抑えて得をするには

旅行に行く場合に絶対外せないのが交通費、その交通費を少しでも安くできれば旅行の内容を手厚いものにすることが可能です。
格安航空券を使うことが出来ればその願いも可能になるのです。
今流行のタイ旅行も、格安航空券で手軽になると言えるのです。
格安航空券は、ネットでも買うことが出来ます。
サイト内で購入できるのは航空券、ホテルの予約、レンタカーの予約などで、レートの変動や燃油サーチャージなどの変動にも対応しているので安心です。
旅行へ行くと決まったら、まずはネットで価格の比較をしてみるのもいいかもしれません。

海外旅行で人気のタイへ行くのも国内旅行へ行く感覚で行けるような時代になったのです。
安く手近くでと思っても、みんな考えていることは結局同じなんですから、ここは思い切って海外旅行へ行ってみてはどうでしょう。

チャンス到来!タイへお得に旅行しよう!

海外旅行が普通になっている現代。
その中でも人気の旅行先として挙げられることが多くなってきているタイについてお話しします。

タイの観光はここ

タイに行ったら必ず訪れた方がいいと言われる場所をご紹介します。
アット・ワルン、夕日の映える様から暁の寺と呼ばれ、5つの塔からなるその姿はチャオプラヤ川越しに眺めるのが最高に美しいと評判です。
ワット・ポー、タイの三大寺院のひとつ、エメラルド寺院の近くにあり、寺院巡りをする際にはかあk瀬ない場所のひとつと言われています。
スコータイ歴史公園、その昔タイ王朝が栄えた13世紀に成立した遺跡で、土曜日にはライトアップされるので夜の観光も人気です。
ピピ島、手つかずの自然が残る楽園との呼び声高いピピ島は、6つの島々からなる諸島の中のひとつです。
ダムヌンサドゥアック水上マーケット、タイの観光名所として欠かせない場所のひとつ、船で商売する昔ながらのスタイルに触れることが出来ます。
ワット・プラケオ、タイに在住している人も一度は行ってみたいというほど人気の観光スポットで、タイ王朝時代から続く王国最高寺院です。
パタヤビーチ、どこかで聞いたことがある名称なのではないでしょうか?バンコク市内から車で行ける手軽さからも人気がある美しいビーチです。

他にもたくさんの世界遺産や近代的なデパートなどが楽しめますし、タイ料理やタイ古式マッサージなど癒しの分野でもかなりの人気があります。
確かに海外旅行なので簡単に行ける場所ではないように思えますが、ここ最近では国内旅行に行くよりも近くてお得なイメージが強くなって来ています。
燃油サーチャージが無料の航空会社も存在しますし、直行便の本数も増えています。
魅力あふれるタイに一度は行ってみたいと思っている人が増え続けていると言えるのです。

タイ旅行へ格安航空券を使ってみた

魅惑の国タイ、その昔王朝が栄え、独自の文化と風潮を大切にして生活してきた人々が息づく素敵な国ですね。
しかも、美容の国とも言われているようにエステやマッサージなどの技術は世界的にも有名です。
さらに年中温かい気候なので、いつ訪れても楽しめる国として人気は衰えることを知りません。
日本から直行便で首都バンコクまで6時間余りと海外にしては近く感じられるタイですが、その旅行にはかつて乗継便を利用する必要があり交通費もかかる夢の国と言う位置づけでした。
最近ではLCCの参入によって格安航空券が発売され直行便の本数も増えて、身近な海外旅行として人気が高くなってきました。

格安航空券と格安のホテルで観光に費用をプラス

比較検討サイトで格安航空券を手に入れ、深夜便でタイのバンコクへ飛びました。
眠っている間にあっという間にタイへ着いたら、レンタカーを借りての観光へ向かいます。
観光のおすすめガイドでもよく見る王宮や寺院を回って、タイ料理を堪能しバンコク市内のホテルに一泊します。
朝食はついていますから夕食はバンコク市内のマーケットでタイ料理を満喫することに。
物価は日本とさほど変わりませんが、日用品や食費はお安く感じました。
そして、翌日メインのエステ&スパマッサージを受けるためにパタヤビーチに向かい贅沢なひと時を満喫したのです。
帰国は現地を昼過ぎにゆっくり出て、バンコクからまたLCCを利用し帰国します。
二日間の休みで満喫出来て、費用は10万円ほどでおつりがくるというような感じです。

10万円なんて、日本国内で県をまたいで旅行をしたとしてもすぐに使ってしまう金額です。
その金額で海外に旅行が出来る時代になったのです。